アーカイブ:2021年

  1. 現代人はとにかく忙しい人が多いです。仕事、家事、育児、介護、勉強、ボランティアなど、実に様々なことで日々を過ごしているのではないでしょうか。これは別の視点から考えてみると、立ち止まってゆっくり自分のことを考えることが出来ていないとい…

  2. 傾聴であれカウンセリングであれ、それを受けてみようと思っても、実際には面倒くさいし、抵抗があるということを耳にします。これはカウンセリング全体が精神的に病気を患っている人が受けるイメージが強いからなのかもしれません。ですが、決してそ…

  3. 1on1を導入している企業にお勤めの管理職の方からご相談をいただきました。私はこの方と面識はなく、メールにてご相談をいただきました。ご相談の内容は、「部下から聴いてもらうよりも具体的なアドバイスが欲しいと言われましたが、そもそも1o…

  4. 一般的に人は相手の話を聴くときに、疑問を知りたいという想いを抱きながら聴く傾向が強いと言われています。疑問を知ることで、相手のことをより一層知ることが出来るので、嬉しかったり、安心したりと言った一種の謎解きのような感覚なんだろうと思…

  5. とある研修会場でご一緒した方からこのようなご質問をいただきました。「傾聴って、結局のところオウム返しをしていればそれでいいんですよね?」これは明らかに間違いです。確かに傾聴は相手の話を聴くことではありますが、傾聴=オウム返し、という…

  6. カウンセラーや聴き手はクライアントや話し手に対して傾聴をしていると、話の内容があまりにも重すぎて、気持ちが引っ張られてしまい、辛さを感じてしまうという方が結構いらっしゃいます。特にカウンセラーは共感力が優れていて、繊細かつ敏感な方が…

  7. 小学校3年生の女の子への傾聴カウンセリング 最近、とある公立の小学校の先生から、子供たちとの関わり方の中で、ちゃんと子供たちに向き合って話を聴いてあげることが出来ているのだろうか?という疑問を打ち明けられたことがありました。こ…

  8. クライアントや話し手にも色々なタイプの人がいます。傾聴において、クライアントや話し手の立場から見ると、どうしても「話す」という視点から考えるのは当然のことになります。ただ、この「話す」と言っても、色んな話し方があります。例えば、相手…

  9. クライアントや話し手として傾聴を受けてみたいと思っている方や、組織で働く上で傾聴を使って人材育成をしたいと思っている方であれば、その方々なりに傾聴とはどういうものなのかご存じであると思います。そして傾聴を学ばれたり、傾聴を実践してい…

  10. 傾聴は一般的に人の話を聴いてあげることであると理解されています。確かにそうですが、傾聴が出来るようになるための条件が1つあります。それは「カウンセラーや聴き手自身が楽であること」です。この状態でないと本当の意味で傾聴はできません。何…

RETURN TOP

傾聴メルマガ登録 登録特典プレゼント中!

カテゴリー

アーカイブ

2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031